シミ化粧品でまずは、お試し!トライアルキットが欲しいあなたへ!

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

たくさんってどれがいいのかわからない・・・

 

そんなあなたのために、
トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

【透明感と白さ訴求】サエルトライアルセット

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

美容の基礎を学ぶ

 

クレンジングをする女性

 

顔にできるシミ&そばかすの原因

 

顔にシミやそばかすができると、ファンデーションで隠してもカバーできないことがあります。ですから、日頃からの対策が必要です。
シミやそばかすの原因は、人によって異なりますが、大きな原因のひとつが紫外線です。
紫外線を浴びると、表皮にある細胞が肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。メラニン色素が大量に生成されても、肌のターンオーバーが正常であれば、メラニン色素は体外へと排出されていきます。しかし、何らかの理由で肌のターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素がスムーズに排出されなくなり、シミなどの色素沈着となって残ってしまうのです。
シミやそばかすを防ぐには、外出するときには日焼け止めを塗り、日傘や帽子などで紫外線を避けることが大事です。肌に色素沈着が残ってしまった場合は、美白化粧品で薄くすることが可能です。美白化粧品には、医薬部外品指定の成分が含まれているものと、含まれていないものがあります。
日本では、ビタミンC誘導体やプラセンタ、アルブチンの人気が高く、様々な美白化粧品に配合されています。
美白化粧品は、メーカによって配合されている美白成分が違うので、自分の肌に合った美白化粧品を使うことが大事です。

 

 

化粧品の基礎を語る

 

美容液の役割とは?なぜ使う

 

美容液の役割は主に保湿しながら美白を成立させる、シミやシワを改善させる為に使います。簡単に言ってしまうと、「美容に欠かせないアイテム」です。""なぜ使うか""疑問を抱く方は存在しますが、化粧水だけでは美容成分の配合に限界があり、一定のラインを超えれば化粧水ではなくなり、美容液になります。

 

基本的に保湿成分が多く、粘り気や有効成分の濃度が強めな様子があるのも美容液の特徴です。99%のプラセンタ原液を美容液扱いするメーカーもあれば、原液として見做す企業も存在しますが、化粧品業界でも価値観が左右されるため、情報に流されないように免疫をつけるべきです。

 

因みに化粧水を付けた後に何で水分蒸発を防ぐか、ですが美容液でフタをすることも出来ます。粘り気を出しているアルギン酸やヒアルロン酸、フコイダンやコラーゲンなどは表皮を保護しますから、化粧水の効果を逃がしません。しかし、水溶性成分であるものだけで作った美容液は水分蒸発を食い止めることは出来ないと言えます。使うものによっては、化粧水を付けた後に乳液やクリーム、ジェルやオールインワンゲルも使う必要はなくなると指摘出来ます。エモリエント成分は必須ですがヒューメクタント成分は注意すべきです。"